科学の素養育む|読解ロボットプログラミング|岡山市スコラこども塾

体験学習を通して、学ぶ「喜び」と「感動」を提供する学童塾

TEL.086-239-9781 FAX.086-239-9782 岡山本部教室

局面の打開は科学・技術であり、「人の志」だ。

データサイエンス

3月は多くの修了生との別れでもある。私の担当する「プログラミング教室」は、当塾の中でも、5~6年間通ってくれた子供が多数を占める。いわば、スコラ生え抜きの最終コースでもある。8年前に「コンピューターテクノロジー」と呼ばれた技術は、いま「データサイエンス」と呼ばれる。最終授業では、アメリカの動画を見てこの8年の進化を確認した後、22年度「高校情報Ⅰ」との関連を説明し、演習してきた内容を振り返った。また、AI機械学習と絡めて数学の「行列」「確率」の重要性の理解を促した。常日頃、好奇心と意欲を喚起する演習を心掛けてきたつもりだ。

パンデミックと金融収縮により世界経済は減速し、格差による対立は増幅されている。あたかも国際社会は秩序を失いつつあるかに見える。しかし、一方で明るい兆しも見え隠れする。「科学・技術」と「志」である。

世界の医療従事者は、人類の敵との最前線に身を置き、医療崩壊の阻止と社会基盤の維持に奮闘している。社会がその姿を尊敬し、称賛を惜しまない。同時に、ワクチン開発でもウィルス自体を使わずに、遺伝子操作での試みが進んでいる。実現すると安全なワクチンが早期に確保されるはずだ。

3Dプリンターを使った防毒マスクの生産も開始された。型枠などの工程を省略することで最速の準備期間で生産が可能になる。AIを支援する中央演算処理は多様化し、この5年で30万倍の進化を遂げた。かつて、CPUで「ムーアの法則」といわれた限界を超えた。国内でも「光」回路を使って、省エネルギーのCPU回路が研究されている。スマホも1年で一回の充電で済む日が近づく。新薬開発への量子コンピューターの活用も期待される。

巣立つ子供たちに、21世紀における「科学・技術」と「志」の重要性を伝えたい。前世紀に信頼を得たものが、多く賞味期限を迎え瓦解する。特に今回のコロナと世界恐慌の後には、それが加速する。確実とされたものが、崩壊する。だから、最終演習に力がこもる。

保護者から、「子供が一番喜んで通いました」との声に、演習準備で起こした腰の痛みも和らぐ思いがする別れの日であった。