科学の素養育む|読解ロボットプログラミング|岡山市スコラこども塾

体験学習を通して、学ぶ「喜び」と「感動」を提供する学童塾

TEL.086-239-9781 FAX.086-239-9782 岡山本部教室
図形イメージ

算数パズル道場  説明会受付中

『覚える人』になる前に『考える人』に!


昨年12月経団連は、「大学教育に関する提案」を取りまとめました。そこでは、文科系学部における「数学」の必須化を提案し、国公私立大学学長との定期協議に臨む積極的な姿勢を打ち出しております。また、早稲田大学の看板学部である政経学部は、数学の入試必須科目化を発表しました。先行する慶応大学に続く措置です。

この背景には、データエコノミー社会を創り出す「第四の産業革命」の存在があります。世界中、すべてのモノがインターネットと繋がり、AIがビックデータを解析し、新しい価値やサービスを創出する社会では、コンピューターサイエンスや統計学の教養が必須となります。高等教育における日本型の偏った文・理系教育は、グローバルな事業展開での大きな障害となっているからです。

母国語の読解力が、論理の展開力や表現力を下支えします。さらに科学の母国語である算数・数学が仮説・思考・観察に普遍性を持たせてくれます。「読む解く力」と「数量と図形のイメージ化能力」は必須の基礎能力です。当塾の最も重要視する基盤的素養です。

算数教育で独自の持論と実績を持つ山下善徳氏の「教具で遊びながら、検定で競いながら、数と図形を一体的にイメージ化する」演習システムがパズル道場です。これは、学校の教科書にある単元別学習の欠点を補完するものとなります。分数でも関数でも、数と図形は表裏です。これを一体的にイメージする思考訓練は、数学センスの育成に最適と言えます。AIを相手に「立体四目」に挑戦したり、全国検定に挑戦したり多様な機会が待っています。作戦を立案し、自力で考える習慣を作ります。「考えた分だけ賢くなる」を合言葉に演習は55段階のスモールステップで進みます。

3月毎週月曜日の15:30からと毎週土曜日16:00以降から説明会を受け付けます。
予約制となりますので、あらかじめお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

ヒューマンアカデミーロボット教室岡山中央 7周年新装移転した学舎にて

この1月で、当塾ロボット教室は7年目を迎える。2013年1月7名の生徒と始めた時は、岡山県下唯一のロボット教室であった。今や進学塾でもロボット教室は開かれている。科学への関心の裾野が広がることは望ましい。21世紀の息吹だ。
当時、京山学区の小学生が、学校で「ロボット教室に通ってる」と言ったら「なにそれ」と話が進まなかったとぼやいていた。マイナーなことを嘆いたのだ。即座に、「楽しければそれでいいじゃないか」と答えたのを思い出す。今では懐かしい話となった。 大学生の講師たちも、各地の大学院へ進み、今残った一人も先端科学大学院大学へとここを離れていく。一抹の寂しさもあるが、飛躍を期待したい。皆、放射線療法や3D地図やセキュリティーのエンジニアになるだろう。21世紀人材だ。

数年後、当塾の1期生が成長して講師として参加し、充実した講座を実現できたら一人前の塾と言えるのではなかろうか。今春また、心新たに子供たちを迎えたい。

 

1月開校した新学舎は、日当たりもよく科学を学ぶ環境。保護者のための待合も広く情報も満載。

駐車場も7~8台駐車でき、体験授業も毎週土曜日開催中。