科学の素養育む|読解ロボットプログラミング|岡山市スコラこども塾

体験学習を通して、学ぶ「喜び」と「感動」を提供する学童塾

TEL.086-239-9781 FAX.086-239-9782 岡山本部教室
幼少期の速読は危険

読解・思考力を最優先すべき理由とは

近づく大学入試改革では、英語四技能検定や記述採点の実施で混乱が続いております。一方、中高一貫校や私立中学(特に首都圏)では、学科を統合した問題や記述問題が多数出題されており、この傾向はさらに拡大します。そのため、「読解力」「思考力」といった基盤的資質の育成が、初等期の最大のテーマとなります。

教育デザインラボ代表の石田勝紀氏は、読解力を「頭のOS-オペレーティングシステム-」に例えます。WindowsやMacなどOSに対して、officeソフトや各種アプリが国・数・理社などの学科に例えられます。原始的なOSへデータ量の多いソフトをインストールしようとすると固まってしまいます。逆にバージョンアップしたOSに、アプリをインストールすると「サクサク」事もなげにインストールできて、スムーズに展開できます。読解力アップはOSのバージョンアップと同義であると、したがって各教科の理解が進み成果が上がるとの指摘です。

算数パズル道場の山下代表は、「できない時間が、思考能力を育む」「覚える子になる前に、イメージし考える子に育てよう」と仮説思考能力の育成に力点を置きます。今後、算数・数学は、より産業社会での重要性が高まります。入り口で嫌いにならずに、楽しく忍耐強く考える姿勢を育む経験が必要です。

以上のことから、当塾は「読む解くメソッド」と「算数パズル道場」への参加を、来春に向けお勧めします。説明の機会も要望があれば、逐次行います。

生涯必要となる基礎的資質である「読解力と思考力」。これは、ドリルや参考書で育成することは困難です。進学塾でも試験が優先され、選別が進行し、この育成は後回しになります。なぜなら、時間と手間がかかるからです。

最後に石田勝紀氏が提唱する頭のセルフバージョンアップの「魔法の言葉」を紹介します。

「なぜだろう?」(原因分析)
「どうしたらいい?」(問題解決)
「要するにどういうこと?」(抽象化思考)
「例えばどういうこと?」(具体化思考)
「何のためだろうね?」(目的意識)
「そもそもそれってどういうこと?」(因果思考)
「もし〜だったらどうなるだろうね?」(仮説設計)

当塾でも、ロボット・プログラミング演習や理科実験の中で根付いている言葉です。日常的に自問する習慣とは、国際標準の知性と言えます。

しかし、残念ながら、「何・誰・どこ?」「いつ?」「どっち?」「正しい?」「間違ってる?」が主流を占めます。いまだに日本では、知識を問う傾向が強いからです。

速読ではなく、速聴読が必要な理由とは

首都圏私立適性試験頻出の良書230選 グレード別にスモールステップで進められます

首都圏私立適性試験頻出の良書300選グレード別にスモールステップで進められます

小学生、とりわけ低・中学年にとって大切なことは、語彙をつながりとして理解することです。語彙の類推もこれによって可能となるからです。

日本語は、漢字・ひらかな・カタカナと多様で、その習得は重要。

小学生の黙読の落とし穴は、単語を羅列して、未消化のまま読み進むことです。結果として文脈を正確に理解できず、自分の内なる情景として繋がらないまま読書を終えてしまっているのです。これに速読を加味したら、不毛な結果を生みます。例えて言えば、英語を本格的に学びだしたばかりの中学1年生が、英語速読を強いられたらどうなりますか?結果は明らかです。

国語の速読は、高校生や社会人が黙読の効率化を目指すもので、あくまで肉体的な訓練です。大学受験や資格試験には効果があっても小学生にとっては疑問です。言語認識の醸成期に必要なのは、正しい言葉のつながりを情景とともに心に浸み込ませることです。音読こそ基本となるのです。

プロのナレーターによる良書多読と集中力を持続する適切なスピード調整こそ「速聴読システム」の神髄といえます。読書前と後の「読書ワーク」と「読書指数診断テスト」を加えた総合的なメソッドで4月よりスタートする当塾の取り組みにご期待ください。

初等科学教育において、読解・論理能力の育成は重要課題です。国語力の基盤を作り、数字の感覚を学ぶことが優先的に求められます。

大人の手法ではなく、こどもの目線に寄り添った、適切な教育メソッドが望まれるわけです。

https://site.kotobanogakko.com/k

スコラこども塾が目指すものとは

Scientific literacy(科学のリテラシー)

1957年旧ソ連に人工衛星競争で負けた時、1980年代日本に経済成長で凌駕された時、いずれもアメリカ教育界は、この言葉を掲げ、科学教育改革を試み、技術大国の今日を築いてきました。

アメリカの国立教育統計センターによると、科学リテラシー(Scientific literacy)とは、またそれを有する人物とは、以下に挙げる能力を有するものとしています。

1.実験推論の考え方および基本的な科学的事実とその意味を理解している。

2.日々体験する物事に対して好奇心をもって接し、疑問を見出し、問いかけ、答えを導くことができる。

3.自然現象を、表現あるいは説明、予測することができる。

4.マスメディアの発する情報を読み取り、その帰結の妥当性を公の場で話しあうことができる。

5.国や地域の意思決定に伴う科学的な問題を認識し、科学的・技術的に熟考した上で自らの見解を表現することができる。

6.情報源および研究手法に基づいて、科学的情報の質を評価することができる。

7.議論の場において、証拠に基づいた評価を行い、そこから妥当な結論を導くことができる。

 

体験学習が目指すもの(当塾ブログより)

体験学習(Active learning)のねらいは、体験を通じて児童が自ら何に気づくかということにある。必ず正解があるわけではない。その体験のなかで、何に気づき、感じ、そして行動し、お互いを理解して自分自身の変容を促すかがポイント。

つまりは、直接的なふれ合いによって、児童の内面に心の動きが起き、自他との関わりや学習へ興味関心を感じることに大きな効果が期待できる。ただ、それは児童が好き勝手に興味関心のあることに取り組めばいいということではない。

児童期の体験学習(Active learning)は、学習内容とのふれ合いを深めると同時に、人間的なふれ合いができる絶好の機会であることから、将来の飛躍への第一歩であると断言できる。