科学の素養育む|読解ロボットプログラミング|岡山市スコラこども塾

体験学習を通して、学ぶ「喜び」と「感動」を提供する学童塾

TEL.086-239-9781 FAX.086-239-9782 岡山本部教室
未分類

読解・思考力を最優先すべき理由とは

近づく大学入試改革では、英語四技能検定や記述採点の実施で混乱が続いております。一方、中高一貫校や私立中学(特に首都圏)では、学科を統合した問題や記述問題が多数出題されており、この傾向はさらに拡大します。そのため、「読解力」「思考力」といった基盤的資質の育成が、初等期の最大のテーマとなります。

教育デザインラボ代表の石田勝紀氏は、読解力を「頭のOS-オペレーティングシステム-」に例えます。WindowsやMacなどOSに対して、officeソフトや各種アプリが国・数・理社などの学科に例えられます。原始的なOSへデータ量の多いソフトをインストールしようとすると固まってしまいます。逆にバージョンアップしたOSに、アプリをインストールすると「サクサク」事もなげにインストールできて、スムーズに展開できます。読解力アップはOSのバージョンアップと同義であると、したがって各教科の理解が進み成果が上がるとの指摘です。

算数パズル道場の山下代表は、「できない時間が、思考能力を育む」「覚える子になる前に、イメージし考える子に育てよう」と仮説思考能力の育成に力点を置きます。今後、算数・数学は、より産業社会での重要性が高まります。入り口で嫌いにならずに、楽しく忍耐強く考える姿勢を育む経験が必要です。

以上のことから、当塾は「読む解くメソッド」と「算数パズル道場」への参加を、来春に向けお勧めします。説明の機会も要望があれば、逐次行います。

生涯必要となる基礎的資質である「読解力と思考力」。これは、ドリルや参考書で育成することは困難です。進学塾でも試験が優先され、選別が進行し、この育成は後回しになります。なぜなら、時間と手間がかかるからです。

最後に石田勝紀氏が提唱する頭のセルフバージョンアップの「魔法の言葉」を紹介します。

「なぜだろう?」(原因分析)
「どうしたらいい?」(問題解決)
「要するにどういうこと?」(抽象化思考)
「例えばどういうこと?」(具体化思考)
「何のためだろうね?」(目的意識)
「そもそもそれってどういうこと?」(因果思考)
「もし〜だったらどうなるだろうね?」(仮説設計)

当塾でも、ロボット・プログラミング演習や理科実験の中で根付いている言葉です。日常的に自問する習慣とは、国際標準の知性と言えます。

しかし、残念ながら、「何・誰・どこ?」「いつ?」「どっち?」「正しい?」「間違ってる?」が主流を占めます。いまだに日本では、知識を問う傾向が強いからです。

なぜ「そろばん教室」を開設するのか?岡山市

「そろばん」は年長から小学3年生にかけて始めるのが一番脳にいいといわれています。

幼児期の脳の成長に合わせて習わせたほうが、年をとっても衰えないからです。 「そろばん」は、記憶力・集中力・情報処理能力など勉強に必要な脳の土台作りに役に立つ習い事だと思います。

DSC03792 (2)1

授業の初めの「読み上げ算」

「指は体から出た脳みそ」というぐらいです。

計算は主に左脳で行います。「そろばん」で計算すると、左脳と共に右脳も同時に使うため,「鍛えにくい右脳の活性化」に役立つことが欧米の大学・脳トレで有名な川島教授の研究などで証明されています。「そろばん」と知能IQの発達は密接に関連している可能性が大とのこと。

習得したら4桁×4桁とか、6桁÷3桁位なら容易に暗算でできます。頭の右半分から「そろばん」が出てきてパソコンのブラインドタッチみたいな感じで「そろばん」がはじかれていきます。だから暗算能力が重要です。

級が進めば桁数も多くなり、時間内での「スピード、正確性、記憶」が求められ、まじめにこれを継続することで「集中力」が身に付きます。

尼崎市は「計算特別特区」を申請し、1年から6年生までの間に3桁程度の暗算ができることを目標に、「そろばん」を年間50時間行っています。立命館小学校という「100ます計算」で有名な陰山英男氏が校長顧問を務める学校で、1年生に約50時間・2年生で約90時間・3、4年生でそれぞれ約70時間もの「そろばん授業」があります。
ただ、「そろばん」をやっても7級とか5級くらいでやめてしまうと、脳にはいいかもしれませんが、計算力と言う意味ではあまり期待できないと思います(せめて珠算2~3級、暗算3級位までいかないと)。思考能力が発達する前の低学年の段階で「右脳を鍛える」ことは、以上のことから重要です。

SOROBAN塾ピコ

集中できる教場の雰囲気

速読ではなく、速聴読が必要な理由とは

首都圏私立適性試験頻出の良書230選 グレード別にスモールステップで進められます

首都圏私立適性試験頻出の良書300選グレード別にスモールステップで進められます

小学生、とりわけ低・中学年にとって大切なことは、語彙をつながりとして理解することです。語彙の類推もこれによって可能となるからです。

日本語は、漢字・ひらかな・カタカナと多様で、その習得は重要。

小学生の黙読の落とし穴は、単語を羅列して、未消化のまま読み進むことです。結果として文脈を正確に理解できず、自分の内なる情景として繋がらないまま読書を終えてしまっているのです。これに速読を加味したら、不毛な結果を生みます。例えて言えば、英語を本格的に学びだしたばかりの中学1年生が、英語速読を強いられたらどうなりますか?結果は明らかです。

国語の速読は、高校生や社会人が黙読の効率化を目指すもので、あくまで肉体的な訓練です。大学受験や資格試験には効果があっても小学生にとっては疑問です。言語認識の醸成期に必要なのは、正しい言葉のつながりを情景とともに心に浸み込ませることです。音読こそ基本となるのです。

プロのナレーターによる良書多読と集中力を持続する適切なスピード調整こそ「速聴読システム」の神髄といえます。読書前と後の「読書ワーク」と「読書指数診断テスト」を加えた総合的なメソッドで4月よりスタートする当塾の取り組みにご期待ください。

初等科学教育において、読解・論理能力の育成は重要課題です。国語力の基盤を作り、数字の感覚を学ぶことが優先的に求められます。

大人の手法ではなく、こどもの目線に寄り添った、適切な教育メソッドが望まれるわけです。

https://site.kotobanogakko.com/k

全国学力テストに思うこと

4年ぶりに小学6年、中学3年生全員が参加した平成25年度全国学力テストの結果が、文部科学省から27日発表された。

都道府県別の順位とかが騒がれる中、気になる結果が出た。

1.小学生・中学生の算数・数学で、無回答だった生徒の内、小学生の39%中学生の51%が「問題文の意味が分からない」と答えた。

 読解力の欠如が、数学の問題にも影を投げかけている現実が明らかとなった。

2.中学生の国語の記述の無回答の生徒の27%が、「回答を文章で書く問題だったので」と答えた。

 記述式の問題に対して中学生は小学生より一段と苦手になっている現実も分かった。

公教育の中で、音読や作文が生徒の任意にゆだねられ、基礎的表現の訓練が疎かにされたことが証明された。

当教室では、作文・小論文教室はもとより、ロボット教室でも観察記述や音読理解を重視。

また、発表や説明に重きを置いた授業運営に心掛け、生徒の総合力のアップを常に意識している。

 

ヒューマンキッズサイエンス全国大会に参加

DSC00398高橋先生との写真

8月17日 京都大学百周年記念時計台ホール 早起きして新幹線で京大まで駆けつけました。

10:00より開会。当教室の治田さん親子も申し込んで一緒に観戦です。

ベーシックの出場者でも、力の入った作品に圧倒されました。経験の少ない子でも参加してるのに驚かされました。

高橋智隆先生ともお話ができ、博士コースの古田貴之先生や理科実験の柳田先生とも挨拶でき、有意義な時間でした。

今後当教室からも出場者を送り出したいものです。

 

建部 「しあわせとうろう祭」 

我が家のワンちゃんの実家を訪ねた時、近所の環境学習センターめだかの学校に立ち寄り、思わぬ催事に出会いました。

三宅さんご夫婦のご努力で、建部の子供たちの心こもったイベントとなっています。山陽新聞の記者さんから取材を受けました。

 山陽新聞

☆7月4日(水)の『めざましテレビ(フジテレビ系列)』で!☆

最近当塾ロボット教室関連のホットニュースが続きます。

☆7月4日(水)の『めざましテレビ(フジテレビ系列)』でヒューマンサイエンスロボット教室が紹介されました!☆

☆ヒューマンキッズサイエンス ロボット教室のアドバイザー、高橋智隆先生が現在取り組んでいらっしゃる「きぼうロボットプロジェクト」について、
2013年6月26日 東京池袋で“ロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」”の報道公開が行われました。

看板を一新 スコラこども塾

6月1日に看板を一新しました。スコラこども塾の表示に切り替えました。

ガラスの採光も良くなり、科学の教室らしくなりました。

きめ細やかな少人数授業と導入期のマンツーマン指導。

西日本一番のロボット教室はもうあと少しです。

毎月新入生を迎えます。修了生も生まれます。DSC000041

岡山の学童教室NO、1

ホームページも完成して、作文教室やこども英語教室もスタート。

まずは、ロボット教室で西日本一番を目指したい。

きめ細やかさ、個々の個性の把握で一番になろう。しかし、その尺度は何を持って測るのか?

個々の子供たちに真剣に向かい合うしかないのだと思う。