科学の素養育む|読解ロボットプログラミング|岡山市スコラこども塾

体験学習を通して、学ぶ「喜び」と「感動」を提供する学童塾

TEL.086-239-9781 FAX.086-239-9782 岡山本部教室
科学教育の基盤

プログラミング教育論に潜む20世紀的ドグマ

ドグマとは「教義・教説などと訳され,ときには柔軟性を欠く無批判な信念という意味で使われる。」

 

6年ほど「こどもプログラミング教室」を営んできた。それに関する教育論で、SEや関連業界経験者の発言で気掛かりなのが以下のような論旨だ。「コーディングは小学生からリアル言語を覚えなくては意味がない」「プログラミングの実務経験のない者が教えるのは疑問だ」といったたぐいのものだ。ドグマである。

18世紀の中ごろから始まった産業革命。起点は蒸気機関の発明だ。エネルギー革命であり、紡績や鉄鋼業の飛躍的発展と船や鉄道などの技術革新が社会構造をも激変させた。軍事や植民地政策も大きく変容した。教科書に書いてある通りだ。しかも、この時の中核技術は石炭やタービン技術そのものではなかった。

21世紀、この規模の変革が訪れる。第四の産業革命と言われる今日現在だ。そこで、初等期からコンピューターリテラシーやデータサイエンスに接し、激変に対応し、自ら課題を設定して解決できる能力を身につけるために、「こどもプログラミング教育」は世界で重要視されている。

子供たちが社会にでる2030年代、現在で言う「プログラマー」の大半の業務はAIに置き換わる。必要とされるのは、技術革新の先に来る産業社会構造の変化を捉える能力だ。マネージメントに必要とされる資質が人間の担当するミッションだからだ。ロボットでは代価できない。サービス・流通・人材育成・マーケティング・社会保障・安全保障・医療・介護全てにおける情報のマネージメント能力こそ問われる。ロボットに使われる側ではなく、使う側すなわち創造する側に立たなくてはならない。未来を牽引するビジョンやプラットフォームは独創的な能力からしか生まれない。感性や情緒も含めた市場解析の視点が最重要だ。

私がマーケティングに携わっていた2000年代初頭は、情報システムの黎明期だった。全国の顧客動向やロジスティクスはビックデータとして本社の一元管理となり、幹部社員は独自の検索フォームを自分で編集し、データ解析もオリジナルが作成できるようになった。使う者の能力次第では破格の価値を再生産できた。その時、情報処理の一級を持つ幹部もいたが、価値の再生産は自力では無理だった。高等数学やプログラミング知識も必要とされる難しい試験を合格しているのに。なぜか?

データエコノミーには、市場に切り込む視点や価値の創造のプラットフォームに関する「経験」と「意味」が不可欠だからだ。21世紀はまさにこの素養こそ問われ、自力設定・自力開発の可能な環境ができあがる。小さなプレハブ小屋で空飛ぶ車や衛星も開発できれば、アイデア一つで世間を沸かすサービスも提供できる。

20世紀のドグマに侵されていては、21世紀人材の育成は不可能だ。心配なのは20世紀的ドグマを熱心に与えてしまうことのリスクだ。

STEM教育の広がりと動向

STEM教育とは、Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、 Mathematics(数学)の頭文字で、21世紀教育のキーワードです。子どもの科学技術への理解促進・科学技術リテラシー向上を図ることで、イノベーションを起こすことができる人材を増やすことを目的とし、科学技術とforKids rogo21理数系教育を統合・体系化したものです。先進国では官民連携の国家戦略として位置付けられています。

背景としては人工知能/iotに代表される技術革新(第四の産業革命)により、STEM分野の高度人材に対する需要が急増していることや、文-理系問わず幅広い職種で科学・数学的な知識が要請されるようになっていることがあります。

米国では、今後の10年間で科学・技術・工学・数学の学位を持つ大卒者を100万人以上増やす計画が立てられており、その方策として年間約30億ドルの予算を、幼稚園から大学院生・社会人までを対象としたSTEM教育に投じています。米国立科学審議会(National Science Board, NSB)のデータでは、アジアやEU諸国でも、STEM教育への幼児~初等中等段階からの取り組みが開始されたと報告されています。

同国では、幼稚園から高校を対象に、課外授業などでの科学・電子工作のプログラムが増加しています。大学教育機関がさまざまなカリキュラムを提供するという形をとっており、子ども達がこういったプログラムに参加できる豊富な機会が用意されています。NASA(米航空宇宙局)がカーンアカデミー(Khan Academy)と提携した、STEM分野への興味関心を高めるインタラクティブな教育コンテンツが関心を集めているとか。

日本の立ち遅れは否めません。ノーベル賞で騒ぐマスコミもこの問題は沈黙したままです。明治維新以降置き去りにされてきた教育界の課題がそこにあります。

高大接続改革と作文能力 岡山市

英米の教育界では、「何年までに無くなる職業リスト」とか、現在の小学生が大人になる時「半数以上の職業が新しく入れ替わる」とかを議論しています。それによると、単一科目だけを知識中心に教える教員は上位校では消えて無くなるとか。産業構造を転換し、国際間競争を勝ち抜くためには無駄な存在と見なされるわけです。日本の「高大接続改革」もその文脈にあります。国際競争に勝ち抜く能動的な人材の養成が国家の喫緊の課題だからです。

物理と数学は不可分だし、物理は化学を支配します。また、生態系や地学は歴史・社会学とも関連するし、同時に英語で発表しないと伝わらない。これが「複合問題」です。現在の小学生は、大学受験時この「複合問題」と対峙します。文部科学省は本気です。首都圏の先進的な私立中・高は意気込んでいるとのこと。旧来型の先生と予備校は、途方に暮れる・・・・。誰がどう教えるのか?当塾は次のように考えます。

「文はひとなり」文章はその人となりを表すもので、中学入試の「適性検査」で中核をなすものとなっています。この文章表現力が多くの公立中高一貫校に共通する指導理念として定着しつつある今。以下のことがその主な要因と考えられます。

グローバルな環境に対応可能なリーダーとは、論理的思考力とコミュニケーション能力を兼ね備えた人物です。自分の意思と他者の利害とを正確に把握し、相互の合意形成を図る能力。この育成こそが現代教育界の課題となります。  作文・小論文の作成過程も同様です。異論を十分に理解し、根拠に基づく説明とその理解を得る能力です。相手に納得してもらうためには、筋道を立て、矛盾無く論を展開しなくてはなりません。論理的思考そのものです。また同時に、人に伝わりやすい表現力が必要となります。「我田引水」の表現では孤立してしまうからです。日常の中で、多面的な視野を獲得し、自分の考えを深め、自分の気持ちと向き合い、より本質を見出す姿勢こそ国際社会が求める基礎力です。

東京都を先頭に本年以降進められる「統一問題」や2020年から実施される新大学入試は、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4大技能を全科目を統合した形式で出題します。今後、適性検査や高大接続システム改革も、この文脈で展開していきます。従来の専門科目に特化しただけの知識偏重型試験は、後進国型として今後消えていきます。当塾も文部科学省の改革と国際的資質の要請に対し、真摯に取り組んでまいります。