科学の素養育む|読解ロボットプログラミング|岡山市スコラこども塾

体験学習を通して、学ぶ「喜び」と「感動」を提供する学童塾

TEL.086-239-9781 FAX.086-239-9782 岡山本部教室
プログラミング教室

講座概要  21世紀普遍的に必要とされる基盤能力

 「プログラミング」を通じて、子どもたちに創ることの楽しさを体験してもらいたい。未来を担っていく子どもたちが、情報の享受者に留まらず、自ら価値を創造し、発信していく側に立つための、最初のペンとなってくれればと思います。

 

演習はScientific Literacy科学の論理展開力)育成を目的とするものです。
観察し、読み解き、 仮説を立てて問題を解決する力を養います。課題を要素分解し、一度抽象化して命令(アルゴリズム)に落とし込む能力を開発します。答えは一つではありません。トライ&エラーで失敗を恐れない経験を蓄積します。

コーディング(プログラミング言語)を覚えることが目的ではなく、時代を超えて普遍的に求められる問題解決能力を育みます。
PDCAサイクルを体感し、 国際標準の
Scientific Literacy習得を実現します。

カリキュラム 

プログラミング1thステージ(小学3年生以上~中学生標準)12か月
 自律型ロボットの構造を理解し、その計測と制御を演習します。While,for、if、else、else ifなどの条件分岐を、C言語を基本にした独自のエディターを使って訓練します。特別演習では、「Scratch」を使ったゲーム制作も習得できます。
赤外線・ライン
タッチなどの各種センサー技術の活用と同時に、ミッション課題の読解・理解を進めます。実習を通して仮説を立て観察・思考する自立的解決能力を育みます。ミッションクリアー形式の課題や2種類のテキストの活用で、読解推論を伴う国語力を育みます。



プログラミング2thステージ1thステージ終了が前提)12か月
 「世の中の困っていることをプログラミングで解決する」をコンセプトに,ミッションクリア形式の演習を中心に進めていきます。機材もバージョンアップし 距離センサーや方位コンパスも活用します。
1thステージよりも進化した「タイマー:変数」を駆使し、発想力やコミュニケーション能力や観察力を育む指導を重視します。フローチャートを活用した国際標準の演習形式を実現しました。目標を設定し、計測して制御する学習指導要領に沿った独自のコースとなります。

学習スケジュール

2018年10月 スタート  木曜・土曜 開催
☆プログラミング1thステージ 第9期生  募集中 小学3年生以上対象
  募集定員8名     随時個別説明会受付中
☆プログラミング2thステージ (1th履修生が対象)
   本科はロボット制作もあり、1thステージ修了者に限定されます。

プログラミング教育を通した児童生徒の学びの変容

1.自ら物事を順序立てて考えるようになった。論理的に説明ができるようになった。問題に対する解決意欲が高まった。
2.コンピューターを使って創作する意欲を持つことができた。
3.数字や英語とプログラミングがつながる様になった。
4.物事の手順や効率を意識して考えるようになった。フローチャートでプロセスを考えるようになった。
5.大きな課題を、小さな課題に分析して理解するようになった。
6.創作し伝える側の意識を持てるようになった。
7.ミスを受け入れるようになった。間違いや失敗は怖くなくなった。
8.すぐ先生に聞くのではなく、友達同士で解決する姿勢が芽生えた。
9.自ら修正を重ねて、目標に向けて創り上げる姿勢が見えるようになった。


「初等中等教育段階におけるプログラミング教育の調査研究報告書」参照