科学の素養育む|読解ロボットプログラミング|岡山市スコラこども塾

体験学習を通して、学ぶ「喜び」と「感動」を提供する学童塾

TEL.086-239-9781 FAX.086-239-9782 岡山本部教室
プログラミング教育と小学生

プログラミング教育と小学生

forKids rogo21「 小学生からプログラミング!?」世界ではもちろん、日本でも既に行われています。

アメリカでは、プログラミングを必修科目化を目指すために設立されたNPO、”Code.org”も設立されており、ますますプログラミング教育熱が高まっています。skype創業者を生んだエストニアでは小学校1年生からプログラミング教育を開始することとなりました。日本でも私立の小学校では、子供達は様々なプログラミング体験に目を輝かせながら取り組んでいます。

プログラミング教育で何が得られるか、なぜプログラミング教育が必要なのでしょうか?

全員プログラマーにしようとでもいうのでしょうか?実はそうではなく、「ITを活用する力」と「論理的思考力」を養うのにプログラミングが適しているからです。

ITを活用する力についてですが、日本の中学校、高校で情報の授業はあくまでも座学の「知識としてのIT」にとどまっている学校が、残念ながら多くを占めています。

国際成人力調査:日本、

読解力と数的思考力で首位  IT活用力で10位

プログラミングは座学でなく、実際に動かす実践ですから、ITを活用する力の育成に役立ちます。次に論理的思考力ですが、「AだからBである」というロジックを立てて考える力で、社会人になってもとても大事な力です。プログラミングは論理的な命令を目に見える形で動かしてくれるので、論理的思考力を養うのに適しています。

日本にプログラミング教育は必要?日本でプログラミング教育は本当に必要なのでしょうか?必修化する必要があるのでしょうか?

「機会を与える必要はあるけれど、必修化するのは難しい」のではないでしょうか。IT活用力、ロジカルシンキングだけでなく、プログラミングでは表現力も養うことができ、Scratchなどは正に適切な教材と言えます。ですが、教員でプログラミングをできる人は限られているので、総合的学習時間で失敗したようにばらつきが出すぎて上手くいかないでしょう。「プログラミングに触れてもらう機会」を与え、興味を持った子供たちが実際に挑戦できるような仕組みが必要なのではないでしょうか。

「shareWis(シェアウィズ)のブログ」から抜粋しました。

 

« »