科学の素養育む|読解プログラミング|岡山市スコラこども塾

体験学習を通して、学ぶ「喜び」と「感動」を提供する学童塾

TEL.086-239-9781 FAX.086-239-9782 岡山本部教室
岡山市

児童期のプログラミング教育が目指すものとは 岡山市

 プログラミングの経験は、論理的思考力や問題解決能力を育成することで知られています。 学童期では、何か具体的な物を法則にしたがって動作させ、 試行錯誤で解決していく経験を続けると、高い学習効果が期待できます。

演習は、コーディング(言語)を覚えるためではありません。思考方法を習得するのが目的です。forKids rogo21

1番目の理由は、「21世紀の世界はプログラムで構築される」。世の中を動かす仕組みを知ることになります。モノとネットはつながり、生体認識や人工知能は、人間の生活や仕事を根底から変えます。社会問題を解決する手段となります。

2番目の理由は、「消費者にとどまらず、自ら創造する側に回ろう」。パソコンが1台あれば、いながらにして製品/サービスを作り出せる時代になります。機構と制御の融合(第4の産業革命)の担い手が今求められています。既製のゲームを消費(楽しむ)するのは、旧世代です。

3番目の理由は、「PDCAサイクル」。プログラミングを学ぶことで、自らのアイデアをどのようにすれば実現できるのか、論理的に考え、障害を取り除きながら実行していく力を養える。自律的問題解決能力の育成します。それは、時代を超えて社会が求める普遍的な能力(生きる力)です。

  情報を集め問題解決する基盤となる資質,それは「国語力」だと私たちは考えています。 この力を育んでいく素材として「プログラミング」のコースを開設しました。 プログラミング的思考を行うときに基盤となのは算数でも理科でもなく「国語」の力。 しっかりとした文章(論理)を構築することが大切です。 科学技術と国語を融合した, スコラこども塾の「プログラミング教室」をぜひご体験下さい!

 

   IMG_1917 (1280x853)  10月第九期生募集中 定員8名

 

なぜ「そろばん教室」を開設するのか?岡山市

「そろばん」は年長から小学3年生にかけて始めるのが一番脳にいいといわれています。

幼児期の脳の成長に合わせて習わせたほうが、年をとっても衰えないからです。 「そろばん」は、記憶力・集中力・情報処理能力など勉強に必要な脳の土台作りに役に立つ習い事だと思います。

DSC03792 (2)1

授業の初めの「読み上げ算」

「指は体から出た脳みそ」というぐらいです。

計算は主に左脳で行います。「そろばん」で計算すると、左脳と共に右脳も同時に使うため,「鍛えにくい右脳の活性化」に役立つことが欧米の大学・脳トレで有名な川島教授の研究などで証明されています。「そろばん」と知能IQの発達は密接に関連している可能性が大とのこと。

習得したら4桁×4桁とか、6桁÷3桁位なら容易に暗算でできます。頭の右半分から「そろばん」が出てきてパソコンのブラインドタッチみたいな感じで「そろばん」がはじかれていきます。だから暗算能力が重要です。

級が進めば桁数も多くなり、時間内での「スピード、正確性、記憶」が求められ、まじめにこれを継続することで「集中力」が身に付きます。

尼崎市は「計算特別特区」を申請し、1年から6年生までの間に3桁程度の暗算ができることを目標に、「そろばん」を年間50時間行っています。立命館小学校という「100ます計算」で有名な陰山英男氏が校長顧問を務める学校で、1年生に約50時間・2年生で約90時間・3、4年生でそれぞれ約70時間もの「そろばん授業」があります。
ただ、「そろばん」をやっても7級とか5級くらいでやめてしまうと、脳にはいいかもしれませんが、計算力と言う意味ではあまり期待できないと思います(せめて珠算2~3級、暗算3級位までいかないと)。思考能力が発達する前の低学年の段階で「右脳を鍛える」ことは、以上のことから重要です。

SOROBAN塾ピコ

集中できる教場の雰囲気

速読ではなく、速聴読が必要な理由とは

 

首都圏私立適性試験頻出の良書230選 グレード別にスモールステップで進められます

首都圏私立適性試験頻出の良書230選 グレード別にスモールステップで進められます

小学生、とりわけ低・中学年にとって大切なことは、語彙をつながりとして理解することです。語彙の類推もこれによって可能となるからです。

日本語は、漢字・ひらかな・カタカナと多様で、その習得は重要。

小学生の黙読の落とし穴は、単語を羅列して、未消化のまま読み進むことです。結果として文脈を正確に理解できず、自分の内なる情景として繋がらないまま読書を終えてしまっているのです。これに速読を加味したら、不毛な結果を生みます。例えて言えば、英語を本格的に学びだしたばかりの中学1年生が、英語速読を強いられたらどうなりますか?結果は明らかです。

国語の速読は、高校生や社会人が黙読の効率化を目指すもので、あくまで肉体的な訓練です。大学受験や資格試験には効果があっても小学生にとっては疑問です。言語認識の醸成期に必要なのは、正しい言葉のつながりを情景とともに心に浸み込ませることです。音読こそ基本となるのです。

プロのナレーターによる良書多読と集中力を持続する適切なスピード調整こそ「速聴読システム」の神髄といえます。読書前と後の「読書ワーク」と「読書指数診断テスト」を加えた総合的なメソッドで4月よりスタートする当塾の取り組みにご期待ください。

初等科学教育において、読解・論理能力の育成は重要課題です。国語力の基盤を作り、数字の感覚を学ぶことが優先的に求められます。

大人の手法ではなく、こどもの目線に寄り添った、適切な教育メソッドが望まれるわけです。

STEM教育の広がりと動向

STEM教育とは、Science(科学)、 Technology(技術)、 Engineering(工学)、 Mathematics(数学)の頭文字で、21世紀教育のキーワードです。子どもの科学技術への理解促進・科学技術リテラシー向上を図ることで、イノベーションを起こすことができる人材を増やすことを目的とし、科学技術とforKids rogo21理数系教育を統合・体系化したものです。先進国では官民連携の国家戦略として位置付けられています。

背景としては人工知能/iotに代表される技術革新(第四の産業革命)により、STEM分野の高度人材に対する需要が急増していることや、文-理系問わず幅広い職種で科学・数学的な知識が要請されるようになっていることがあります。

米国では、今後の10年間で科学・技術・工学・数学の学位を持つ大卒者を100万人以上増やす計画が立てられており、その方策として年間約30億ドルの予算を、幼稚園から大学院生・社会人までを対象としたSTEM教育に投じています。米国立科学審議会(National Science Board, NSB)のデータでは、アジアやEU諸国でも、STEM教育への幼児~初等中等段階からの取り組みが開始されたと報告されています。

同国では、幼稚園から高校を対象に、課外授業などでの科学・電子工作のプログラムが増加しています。大学教育機関がさまざまなカリキュラムを提供するという形をとっており、子ども達がこういったプログラムに参加できる豊富な機会が用意されています。NASA(米航空宇宙局)がカーンアカデミー(Khan Academy)と提携した、STEM分野への興味関心を高めるインタラクティブな教育コンテンツが関心を集めているとか。

日本の立ち遅れは否めません。ノーベル賞で騒ぐマスコミもこの問題は沈黙したままです。明治維新以降置き去りにされてきた教育界の課題がそこにあります。

高大接続改革と作文能力 岡山市

英米の教育界では、「何年までに無くなる職業リスト」とか、現在の小学生が大人になる時「半数以上の職業が新しく入れ替わる」とかを議論しています。それによると、単一科目だけを知識中心に教える教員は上位校では消えて無くなるとか。産業構造を転換し、国際間競争を勝ち抜くためには無駄な存在と見なされるわけです。日本の「高大接続改革」もその文脈にあります。国際競争に勝ち抜く能動的な人材の養成が国家の喫緊の課題だからです。

物理と数学は不可分だし、物理は化学を支配します。また、生態系や地学は歴史・社会学とも関連するし、同時に英語で発表しないと伝わらない。これが「複合問題」です。現在の小学生は、大学受験時この「複合問題」と対峙します。文部科学省は本気です。首都圏の先進的な私立中・高は意気込んでいるとのこと。旧来型の先生と予備校は、途方に暮れる・・・・。誰がどう教えるのか?当塾は次のように考えます。

「文はひとなり」文章はその人となりを表すもので、中学入試の「適性検査」で中核をなすものとなっています。この文章表現力が多くの公立中高一貫校に共通する指導理念として定着しつつある今。以下のことがその主な要因と考えられます。

グローバルな環境に対応可能なリーダーとは、論理的思考力とコミュニケーション能力を兼ね備えた人物です。自分の意思と他者の利害とを正確に把握し、相互の合意形成を図る能力。この育成こそが現代教育界の課題となります。  作文・小論文の作成過程も同様です。異論を十分に理解し、根拠に基づく説明とその理解を得る能力です。相手に納得してもらうためには、筋道を立て、矛盾無く論を展開しなくてはなりません。論理的思考そのものです。また同時に、人に伝わりやすい表現力が必要となります。「我田引水」の表現では孤立してしまうからです。日常の中で、多面的な視野を獲得し、自分の考えを深め、自分の気持ちと向き合い、より本質を見出す姿勢こそ国際社会が求める基礎力です。

東京都を先頭に本年以降進められる「統一問題」や2020年から実施される新大学入試は、「読む」「聞く」「書く」「話す」の4大技能を全科目を統合した形式で出題します。今後、適性検査や高大接続システム改革も、この文脈で展開していきます。従来の専門科目に特化しただけの知識偏重型試験は、後進国型として今後消えていきます。当塾も文部科学省の改革と国際的資質の要請に対し、真摯に取り組んでまいります。

プログラミング教育と小学生

forKids rogo21「 小学生からプログラミング!?」世界ではもちろん、日本でも既に行われています。

アメリカでは、プログラミングを必修科目化を目指すために設立されたNPO、”Code.org”も設立されており、ますますプログラミング教育熱が高まっています。skype創業者を生んだエストニアでは小学校1年生からプログラミング教育を開始することとなりました。日本でも私立の小学校では、子供達は様々なプログラミング体験に目を輝かせながら取り組んでいます。

プログラミング教育で何が得られるか、なぜプログラミング教育が必要なのでしょうか?

全員プログラマーにしようとでもいうのでしょうか?実はそうではなく、「ITを活用する力」と「論理的思考力」を養うのにプログラミングが適しているからです。

ITを活用する力についてですが、日本の中学校、高校で情報の授業はあくまでも座学の「知識としてのIT」にとどまっている学校が、残念ながら多くを占めています。

国際成人力調査:日本、

読解力と数的思考力で首位  IT活用力で10位

プログラミングは座学でなく、実際に動かす実践ですから、ITを活用する力の育成に役立ちます。次に論理的思考力ですが、「AだからBである」というロジックを立てて考える力で、社会人になってもとても大事な力です。プログラミングは論理的な命令を目に見える形で動かしてくれるので、論理的思考力を養うのに適しています。

日本にプログラミング教育は必要?日本でプログラミング教育は本当に必要なのでしょうか?必修化する必要があるのでしょうか?

「機会を与える必要はあるけれど、必修化するのは難しい」のではないでしょうか。IT活用力、ロジカルシンキングだけでなく、プログラミングでは表現力も養うことができ、Scratchなどは正に適切な教材と言えます。ですが、教員でプログラミングをできる人は限られているので、総合的学習時間で失敗したようにばらつきが出すぎて上手くいかないでしょう。「プログラミングに触れてもらう機会」を与え、興味を持った子供たちが実際に挑戦できるような仕組みが必要なのではないでしょうか。

「shareWis(シェアウィズ)のブログ」から抜粋しました。

 

スコラこども塾が目指すものとは

Scientific literacy(科学のリテラシー)

1957年旧ソ連に人工衛星競争で負けた時、1980年代日本に経済成長で凌駕された時、いずれもアメリカ教育界は、この言葉を掲げ、科学教育改革を試み、技術大国の今日を築いてきました。

アメリカの国立教育統計センターによると、科学リテラシー(Scientific literacy)とは、またそれを有する人物とは、以下に挙げる能力を有するものとしています。

1.実験推論の考え方および基本的な科学的事実とその意味を理解している。

2.日々体験する物事に対して好奇心をもって接し、疑問を見出し、問いかけ、答えを導くことができる。

3.自然現象を、表現あるいは説明、予測することができる。

4.マスメディアの発する情報を読み取り、その帰結の妥当性を公の場で話しあうことができる。

5.国や地域の意思決定に伴う科学的な問題を認識し、科学的・技術的に熟考した上で自らの見解を表現することができる。

6.情報源および研究手法に基づいて、科学的情報の質を評価することができる。

7.議論の場において、証拠に基づいた評価を行い、そこから妥当な結論を導くことができる。

 

体験学習が目指すもの(当塾ブログより)

体験学習(Active learning)のねらいは、体験を通じて児童が自ら何に気づくかということにある。必ず正解があるわけではない。その体験のなかで、何に気づき、感じ、そして行動し、お互いを理解して自分自身の変容を促すかがポイント。

つまりは、直接的なふれ合いによって、児童の内面に心の動きが起き、自他との関わりや学習へ興味関心を感じることに大きな効果が期待できる。ただ、それは児童が好き勝手に興味関心のあることに取り組めばいいということではない。

児童期の体験学習(Active learning)は、学習内容とのふれ合いを深めると同時に、人間的なふれ合いができる絶好の機会であることから、将来の飛躍への第一歩であると断言できる。